So-net無料ブログ作成
検索選択

東山道武蔵路その2/4 古戸~f点 [パパの趣味]

では現地の様子を写真とともに紹介します。ブログは、①古戸~f点 ②f点~長良神社 ③オマケの脇道 の3回に分けてアップしていきます。まずは地図です。
撮影場所_古戸.jpg
図中、カメラマークの番号は写真の順番、カメラの向きは撮影方向を示しています。赤い点線が歩いた道です。全部は載せられないので(しょーもないのもあり)、本文になくて見てみたいのがあったらリクエストを投稿ください。
ファミマの近くから道は始まります(写真2)。遠くのほうに竹薮が見えます。
2入り口s.jpg
竹薮はこんな感じです(写真4)。奈良時代から竹やぶな保証は全然ないのですが、古そう!な感じです。
4古戸町竹やぶS.jpg
さらに進むと田んぼのあぜ道に変わり、道が途切れてしまいます(写真7)。
7寄木戸通行止め点S.jpg
しょうがないので写真7の左手、木がこんもり生えている辺りから回り込んで別の田んぼのあぜ道をとおり、f点で交差するもう一つのほうの道に出ました。これが写真9で、中央の、木の生えている場所が写真7にも写っていました。
9稲荷神社まえ道路よりS.jpg
さらに歩を進めるとf点に到達します(写真10)。左に行くと新田経由で京都へ、右に行くと足利経由で多賀城に向かう分岐点(本当か??)です。
10f点S.jpg
前半部分は以上です。どうだったでしょうか? 途中、古そうな部分もありましたが、奈良時代から使われている道路と言われてもどうかな~という感じですね。感想は最後にまとめたいと思います。ではまた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。