So-net無料ブログ作成
検索選択

「サンコー電子」プロジェクト その1/2 [パパの趣味]

こんにちは。またまた、間が空いてしまいました。今回はヤフオクで「周波数直線バリコン」なるものを入手したことに端を発する記事です。
周波数直線バリコンというと、トリオやヤエスのVFOに使われていた500kHzを1kHz単位で読めるあれを想像してしまいます。今回入手したのは、昔々ナショナルが短波受信用に販売していたものです。パンフレットを載せます。画像は「ラジオ工房」内田OMのサイトからコピーさせていただきました。
DC18シリーズ.jpg
私の入手したのは3DC-18という、3連のタイプです。このバリコンを使うと、どれだけ周波数目盛りが等間隔になるか確認したい、という一心でこのプロジェクトを始めました。

このバリコンを試すには、まずマザーになる受信機を用意する必要があります。ここで登場するのがタイトルにした「サンコー電子」のユニットです。 私は小学生時代にお小遣いをはたいて SV-400B受信コンバータ とSIF-455中間周波数基板を使い受信機を作ったことがあり、そのときのユニットが埃だらけながら残っていました。 SV-400Bの仕様です。
SV-400Bカタログ.jpg
とりあえず接続して受信してみると、音声がやけに歪んでいます。いろいろな出力波形を観察するとAGC電圧がフラフラしています。いわゆるポンピングですね。 サテ、どれがAGCの時定数を決めているコンデンサーはどれか?? なんとも手掛かりがないので、結局は意を決してプリントパターンから回路図を起こしました。
SIF-455回路図.PNG
図中、16μ→220μとなっているのがカット&トライできめたAGCの時定数です。SIF-455の回路図をお持ちのOM様、この回路図に間違いがありましたらぜひご指摘ください。

周波数直線バリコンとサンコーのユニットをブレッドボート上に組み立てた検証機が次の画像です。
受信セットs.jpg
SV-400Bにはバーニアダイアル、直線バリコンにはアイデアルMD-101を接続しています。さて、直線の精度はどのくらいだったか? 計測方法とともに次回、投稿します。最後に、周波数直線バリコンの羽根のアップです。 長細い形状をしているのがわかります。
周波数直線バリコン.jpg
ではまた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。